クレジットカード払いで気を付けたいこと

クレジットカードを使っているとお金という感覚が少なくなってしまうので、クレジットカードの使い方には気を付けなくてはいけないといつも思っています。クレジットカードで買い物をしていると、普通ならもうこのくらいで買い物をやめておこうと思うような金額になっても、関係なくカードを使い続けてしまうことがあります。クレジットカードは使えば使っただけ自分の指定した預金からお金を取られてしまうのに、クレジットカードで買い物をしているとどのくらいお金を使ったのか分からなくなるので、家に帰ってレシートを合計してみて青ざめたことがあります。現金で支払っていればこんな風に後になって焦ることなどないのですが、クレジットカードで支払う場合気を付けなくてはいけないと思っています。

クレジットカードのキャッシング枠の利用の前に

クレジットカードにキャッシングにキャッシング利用枠が付いていることがあります。カードの契約をする際に、キャッシング枠を付帯するか否かを選択したのだと思いますが、万が一お金が無く、何処からか、借入しなくてはならない状況の時、このキャッシング枠を安易に利用することはお薦め出来ません。まず、利息が貸出法定金利の上限に近いものが多いことです。状況にも因りますが、利息年18%のキャッシングをするなど、昨今ナンセンスと言っても過言ではありません。備えあれば憂いなしと言います。今現在、お金を借りる必要性が無い方でも、数か月後、数年後に突然まとまったお金が必要になる可能性を考え、低金利・限度額の大きいカードローンの契約を結んでおくことをお勧めします。クレジットカードは、計画的な買い物利用が主な目的の、シンプルな利用に留めるのが最良と思います。

ポイントが付くクレジットカードが好き

クレジットカードはポイントがしっかりと付き、何年もそのポイントが消滅しないのがいいなと思います。長いところですと永久にポイントが消滅しないのです。誕生日の月には5倍もポイントが付いたりもして、かなり魅力的です。キャンペーンでポイントがいつもよりも10倍という時もあり、本当に嬉しくなります。ポイントが付くと、どこか得した気分になるのです。もっとためたい時には、提携するショッピングサイトから買い物をすれば、もっと簡単にポイントをためることもできます。何かと楽しいサービスを考えているクレジットカードだなと思いました。

クレジットカード作成時の選択肢の一つ

クレジットカードを作成するときの基準の一つに、どのお店でどのくらい買い物をしているかを基準に考えています。特に最近は仕事帰りに寄るスーパーやお店などが限られているため、日頃の生活圏内でクレジットカードを持った方がいかにお得になるかどうかを明確にするようにしています。そのため、今持っているカードは、メインはリクルートカード(年会費有料)、サブカードとしてポンタカード(年会費無料)とJQカード(年会費条件有り無料)を使用しています。貯まるポイントの選択肢が多い、もしくは貯まったポイントの用途がはっきりしているものに絞って考えたので、今では定期的にまとめてポイント交換を行っています。

クレジットカードの申し込み時の審査

クレジットカードの申し込みの審査が意外に厳しいときもあると聞くことがあります。私の場合は何枚か持っていますがどれも学生の時に作ったカードをそのまま社会人になっても持ち続けているので審査がそれほど厳しいというイメージはもっていません。ただ自営業の人だとやはり年収が安定していることを証明したりする必要はあるのかもしれません。審査結果も理由などは教えてもらえないようなので落ちた人は別のクレジットカードも作るときにも不安になると思います。審査基準はカード会社によって違うので作りやすいところとそうでないところがあるようです。

両替知らず

絶対に海外旅行へ行く際にはクレジットカードを持って行きます。というのも、もちろんある程度の現金は現地の通貨に換金しますが、本当にある程度です。何故なら、私は物が余るのも、あまり無駄な物を持ちたくないので、お金はきれいに使い切りたいからです。そこで、ある程度の現金だけ持って、足りなくなった場合は、持って行ったクレジットカードを利用して支払うのです。そうすることで、海外旅行もお得に楽しめることができますし、帰ってきたら、クレジットカードにポイントがたまっているので、私にとって、クレジットカードは節約道具にもなっています。

クレジットカードで便利だと思う事について

普段生活を送っている上でクレジットカードを持っていて特に便利だと感じるのがインターネット上における通信販売での決済時です。クレジットカードを所持していない場合のネット上での決済だと、銀行やATMに行って支払いを済ませるか、ネットでの決済をより便利にするネットバンキングを利用するにしても、支払いを済ますにはその都度所持している銀行のサイトまでアクセスしてログイン認証を済ませてから手続きを行わなくてはなりません。しかしクレジットカード決済であれば、そのサイト上で支払いを済ますことができるので本当に便利だと感じましたね。家庭用ゲーム機器でもオンライン上でゲームをダウンロードする際に、クレジットカードがあれば即効で支払いが出来てダウンロードできるので何かと使い勝手が良いです。

いくらからカード支払いにする?

この間、ママ友の間で話題になったこと。いくらからカードで払う?ほとんどのママが1000円以上の支払の時。一応、私もそうだね~って話をあわせておいたけど、実は、1000円以下でもガンガン使います。ちょっと恥ずかしいけど、主人から家族カードを渡されていて、しかも家から近所に銀行がないのです。だから、お金をおろしにいくのも面倒になって、結局カード。まぁ、ポイントつくし、いいかぁと思っています。いろいろなカードを使ってみたけど、私はポイントをコツコツためるより、現金値引きが好きです。ちなみに好きなカードは、『P-oneカード』年会費無料だし、1%引いた金額が請求されるからわかりやすい。便利な分だけ、使いすぎちゃうこともありますがね。使い方に注意ですね。

ポイントをせっせと貯めて家計の足しにしています

クレジットカードを使えるお店を選んで買い物をしたり、食事をするように心がけています。やっぱり「せっかくクレジットカードを持っているんだったら使わなくては損!」だと思います。貧乏性なんですよ。ちょっとだけでも得をしたいのです。だから、買い物するところも飲食するお店も自然に固定してしまいますが、それでも現金支払いよりクレジットカードで支払ってポイントを貯めたいので、そのくらいのことは何とも思いません。消費税が上がって家計が苦しくなるばかりですが、クレジットカードのポイントを貯めて少しでも家計の足しにしています。

セゾンパールアメックスカードとコストコ

私は倉庫型スーパーコストコの常連客です。コストコは大量の商品を若干ではありますが安めで手に入れられるお店です。一度に支払う額は多くなりがちですが、長期体に見た時に節約になる部分も多いので私は非常に重宝しています。しかしこのお店では利用できるクレジットカードがアメックスのみと限られています。私は少しでもクレジットカードで支払うことによって節約したい考えを持っていますので、コスト子のためにわざわざではありますが、セゾンパールアメックスカードを作りました。年会費は年に一度の利用によって無料になるというカードなので特に問題はありません。大切なサブカードの一つとしていつも財布に入れています。